自分で作るオリジナルお別れ会(準備中)

「自分で作るオリジナルお別れ会」を広め、ありがとうを残して安心な未来にしたい。

0 支援者 0 いいね 0 レビュー
¥0 達成
¥500,000 目標
Raised Percent :
0%

0 募集終了までの残り日数
0% 達成

0

日(開始まで)
, 日本

プロジェクト概要

福岡県久留米市の後藤舞と申します。

全国的に少子高齢化が問題になっていますが、ここ久留米市も例外ではありません。

私が子供の頃、普通に見られた
子供の習字やそろばん教室、お祭りなどの地域行事の場所となった”お寺”を中心とした地域コミュニティも、特にコロナを境に活動が停止され、このまま風化し消滅してしまうのではないかと危惧しています。

特に地域の人たちの心のつながりが薄れてしまうのは悲しく、なんとかならないものかと常に思い続けてきました。

このような状況下、全てを昔に戻すわけにはいかないと思いますが、

お寺を中心とした地域コミュニティが少しでも復活すればと3つの企画を考え、これに賛同して頂ける方を集めたいと思い、クラウドファンディングにチャレンジすることにしました。
みなさまよろしくご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

1.寄付型終活「自分でつくるお別れ会(生前葬&葬儀)オンライン体験会」の開催

2.「自分でつくるお別れ会」に賛同頂ける住職さん募集

3.お寺を中心とし地域社会に奉仕する「よろず便利屋」に賛同し、なりたい経営者募集

 

今回のクラウドファンディングのご支援金は、主に「自分で考えるお別れ会」を実現するにあたってかかる諸費用に使わせて頂きたいと思っております。

大本山善導寺

プロジェクト発案のきっかけ

私は、WEB制作会社に所属しておりますが、
終活のお客様のインタビュー動画制作のお仕事をさせていただいた時、

「今がいちばん幸せ」という言葉をお聞きし、その時

家族に「ありがとう」と言えて最後を迎えられる方がどれだけいるのかなと思ったのがきっかけでした。長年介護をしてきて1度も言葉を聞いてないのが今でも心に残っているという方のお話をお聞きし、思っていても家族には何かのきっかけがないと言えないことも多いと感じ、その言葉だけでも残しておきたいと思いました。

もう1つは、お寺にご縁があり、近年檀家が減ってきてなかなか後継者もいないという現状をどうにかしたいという想いです。昔のような地域社会のコミュニティの中心の役割を復活させることはできないか?と、コロナ禍の中感じるようになりました。

お寺さんとしても檀家さん離れてが問題になっております。

世代交代についても深刻の為、いまいちどお寺を身近に感じてもらい、学童など小さい子供さんのいる世代の方にお寺への関心を持ち、準備をして頂くとふるさとを大事に思う気持ちも生まれると思っています。

以上の想いからこのプロジェクトを始めようと思いました。

プロジェクトについての説明①

【自分でつくるお別れ会】

今回のクラファンのリターンでは「自分でつくるお別れ会」の体験会をご用意していますが、

「自分でつくるお別れ会」本編は、以下のような流れで考えています。

1.自分の老後に不安な方に、
自分で作るお別れ会の体験会に参加して頂く。

2.興味を持って頂いたら「お寺ファン」サイトに登録
登録されているお寺の中から自分の「お別れ会プラン」を預かってもらうお寺を選択

【プランの内容】
・ミニアルバム ・ありがとう動画 ・お別れ会の内容
全てお寺にあずかってもらう
※鍵をお渡しし、必要な時にお寺に持っていくとわかるようになっています。

3.事前に準備していた内容でお別れ会を開催
※タイミングは、ご本人が亡くなった時にお寺でお葬式後に開催でも大丈夫です。
・レストラン
音楽 ・映像 ・お花
お食事レシピ
すべて決められた内容ですすめる

5.リモートで自宅24時間参拝できる

6.49日法要など希望者はリモートでの法要ができる

プロジェクトについての説明②

【「自分でつくるお別れ会」に賛同頂ける住職さん募集】

今後のお寺と地域社会のあり方について、インタビューさせて頂き

その対談動画を弊社運営のHPに掲載させて頂きます。

コロナの影響で、葬儀や法事を行うことが難しい状況が続いていたこともあり、お寺と檀家、その他地域の人々との関係が薄れてきています。

私は、今年6月葬祭事業者向けのイベントを見学しましたが、

お寺の行く末を案じ、何か有効な手だてはないかと行動している住職の方に何人もお会いしました。

お寺というものは、昔から地域コミュニティの中心であり、

お祭りやお盆の時の盆踊りや、子供の習字塾、その他色々な地域行事に使われてきました。

そういうつながりが失われつつある今、もう一度地域コミュニティの中心として、お寺の役割を再認識する必要があるのではと考えています。

この考えに同意いただける、福岡地区の住職さま、ぜひ、お待ちしております!

【お寺を中心とし地域社会に奉仕する「よろず便利屋」に賛同しなりたい経営者募集】

高齢化・少子化はここ福岡でもその影響がでてきています。

老齢のご夫婦が暮らす家が増え、買い物や粗大ごみの処分に困ったという声をよく聞き、老齢ご夫婦のお子さんからは安否が心配という声もあります。

また、子供たちが放課後、家に親が帰ってくるまでに遊んだり勉強したりできる場所もなかなかないという声も聞きます。

こういった、地域の問題に、お寺と地域奉仕サービス企業が協力しあうことで、少しでも解決できることがあるのでは?と考え企画を考えました。

お寺と地域奉仕サービス企業による

・高齢者世帯に対する買い物代行、ゴミ回収、安否確認サービス

・小学生までのお子さんがいる家庭を対象とした、放課後預かりサービス

他にも相続どうしたらいいの相談

これを実現させたいと思い、賛同いただける企業と、モニターとしてご協力頂ける方を募集いたします!

資金使途について

ご支援頂いた支援金は、集まった金額の範囲で、優先順位の高い物から活用させて頂く予定です。

・使途1:プロジェクションマッピング(壁に映し出す大型映像。個々人にあった映像がつくれるため、)

・使途2:式場制作 

・使途3:パンフレットなど宣伝費

・使途4:モデルケースのプロモーション

キャナルシティ博多のプロジェクションマッピング

リターン(返礼品)

返礼1:見学会(寄付型オンライン「自分で考えるお別れ会」体験ワークショップ)2,500円 100名

返礼2:住職さんのお寺ファンサイトHP掲載
(インタビュー動画) 無料10名 

返礼3 :お寺を中心とし地域社会に奉仕する「よろず便利屋」事業に参画したい企業募集 無料10社

返礼3 :お寺を中心とし地域社会に奉仕する「よろず便利屋」事業に参画したい企業募集 無料10社


リターン

¥1

10 リターン(残り)

返礼2:住職さんのお寺ファンサイトHP掲載
(インタビュー動画) 無料10名 

※システムの仕様上1円となっていますが、支払を銀行振込を選択して頂ければ登録できますのでお支払いは不要です。

0 支援者

お届け予定 11月, 2022

0

日(開始まで)

¥1

10 リターン(残り)

返礼3 :お寺を中心とし地域社会に奉仕する「よろず便利屋」事業に参画したい企業募集 無料10社

0 支援者

お届け予定 10月, 2022

0

日(開始まで)

¥2500

100 リターン(残り)

返礼1:見学会(寄付型オンライン「自分で考えるお別れ会」体験ワークショップ)2,500円 100名

0 支援者

お届け予定 11月, 2022

0

日(開始まで)

レビュー

レビューはまだありません。

“自分で作るオリジナルお別れ会(準備中)” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

jaJA